トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 親子二代、研鑽を重ねていきます

親子二代、研鑽を重ねていきます

院長あいさつ私が歯科医を志したのは、父の影響が大きかったと思います。10歳のときに、親元を離れて進学校に入学し、勉学に励みました。その後、歯科医になるために歯学部に入学しました。卒業後は、さらに技術を磨くために国際デンタルアカデミーの研修を受け、最先端の歯科治療技術の習得に努めてきました。また、阿部晴彦先生の総義歯勉強会、スタディーグループSAEYの会長を務めるなど、後進指導にも努めております。

私には同じ歯科医師の息子がいますが、現在、宇治歯科医院のスタッフとして診療に加わっております。まだまだ経験が浅いドクターですが、これまで私が学んできた補綴歯科治療の知識と技術をそっくり伝授していきたいと考えております。

当院の特色は、噛み合わせを重視した治療です。

これからも親子二代、この特色を生かした診療を続けるために、研鑽を重ねてまいりますので、よろしくお願いいたします。


トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 親子二代、研鑽を重ねていきます


コールバック予約