トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 一般歯科(むし歯治療) » できるだけ痛くない治療で患者さんの負担を軽くする

できるだけ痛くない治療で患者さんの負担を軽くする

できるだけ痛くない治療治療中に患者さんが緊張する場面があります。それは、麻酔注射を打つときです。本来、治療中の痛みを和らげるために行うものですが、麻酔注射自体に苦手意識をお持ちの方も少なくありません。麻酔注射をする前に表面麻酔を使い、できるだけ苦痛を与えないようしていますが、それでもなお苦手意識はなくならないようです。

院長自身も痛みが苦手ですので、麻酔をするときはできるだけ痛みを与えない工夫をしております。患者さんからは「え、注射したんですか?」と驚かれることもしばしばあります。お子さんでも痛がったり、怖がったり、泣いたりすることはありません。痛みに敏感な方でも、ご安心して治療を受けていただけます。


トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 一般歯科(むし歯治療) » できるだけ痛くない治療で患者さんの負担を軽くする


コールバック予約