トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 一般歯科(むし歯治療) » できるだけ歯を削らず、歯を残すように

できるだけ歯を削らず、歯を残すように

できるだけ歯を削らず、歯を残すように

一昔前の歯医者さんでは、むし歯を削って治す治療が一般的でした。また、ひどいむし歯になりますと、抜歯をして入れ歯やブリッジを入れていましたが、それは噛み合わせが狂ったり、歯を痛めたりする原因にもなっていました。最近では、できるだけ歯を削らない・抜かない治療が主流になりつつあります。

当院では、患者さんの健康を考慮した、できるだけ歯を削らない・抜かない治療を心がけております。激しい痛みがあり、患者さんが抜歯をご要望なさっても、炎症を起こしているだけのときは、抜歯をせずにレーザー治療で炎症を抑えます。

しかし、全ての治療に適用できるわけではありません。場合によっては大きく削ったり、歯を抜いたりすることもあります。そのようなときは、歯を削るメリット・デメリットをきちんとご説明し、患者さんのご要望をできるだけ尊重しながら治療を進めていきます。

早期発見・早期治療を行えば、大切な歯を守ることができます。少しでも異変にお気づきになられましたら、お早めに受診なさることをおすすめいたします。


トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 一般歯科(むし歯治療) » できるだけ歯を削らず、歯を残すように


コールバック予約