トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 失った歯の治療 » 歯を失ったままにしておくと大変!

歯を失ったままにしておくと大変!

歯を失ったままにしておくと大変!

「せっかく入れ歯を作ったけど、装着感が悪いから使いたくない。」
「むし歯で抜歯した後、治療せずに放置している。」

このような方はいらっしゃいませんか?

歯を失った後、そのままにしておきますと、むし歯や歯周病になりやすく、残っている歯にも負担を与えます。それだけでなく、お顔立ちやからだにも悪影響を及ぼしてしまいます。

【1】残っている歯が動く
歯を失いますと、もともと生えていた場所に隙間ができます。そうなりますと、支えを失った左右の歯は、隙間を埋めようと移動を始めます。その結果、歯並びが悪くなり、むし歯や歯周病にかかりやすくなります。

【2】残っている歯に負担がかかる
健康な状態であれば、上下の歯を噛み合わせますと、全体の歯に力が加わります。しかし、歯を失いますと、このバランスが崩れてしまいます。残っている歯により大きな力が加わるため、歯の寿命を縮めることにもなりかねません。

【3】消化器系統に負担がかかる
噛み合わせが悪くなり、食事にも影響が現れます。スルメやお煎餅などの硬い食べ物やお餅やタコなどの粘着性のある食べ物が噛みにくくなります。食べられる物が制限されることによって、栄養バランスが崩れてしまいます。また、よく噛まずに飲み込むため、消化器官に負担がかかります。

【4】顔立ちに影響を与える
前歯を失いますと、唇のハリが失われ、口元のシワが目立ちやすくなります。また、奥歯を失いますと、口元から下が短くなり、年齢よりも老けた印象になります。


トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 失った歯の治療 » 歯を失ったままにしておくと大変!


コールバック予約