トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 入れ歯 » 入れ歯の製作の流れ

入れ歯の製作の流れ

入れ歯の製作の流れ【1】カウンセリング
ご使用中の入れ歯を拝見し、これまでの経緯をお聞きしながら、現在お困りのことやお悩みのこと、ご要望などをお伺いいたします。快適な入れ歯をお作りするためにも、疑問点やご不明な点あるいはご質問がございましたら、お気軽にご質問ください。
下へ

【2】お口の中を診察
歯ぐきの損傷の有無やあごの骨の状態を診察いたします。必要な場合はレントゲン撮影を行います。
下へ

【3】お口の型採り
お口の中の型取りをします。この工程は入れ歯の仕上がりを左右する重要なものです。当院では、隙間や違和感の少ないぴったり合った入れ歯をお作りするために、正確でかつ丁寧に行います。
下へ

【4】噛み合わせの高さや位置、口元のハリを決める
採取した型をもとに模型を作り、噛み合わせの高さや位置、口元のハリなど決めていきます。歯を失った状態では、噛み合わせの位置がズレています。慎重に調整しながら正確な位置を決めていきます。
下へ

【5】仮の入れ歯を作り、試す
ロウでできた仮入れ歯を使い、噛み合わせや歯の色、形など細かな部分を確認していきます。入れ歯がお口にぴったり合うように必要に応じて調整を行います。
下へ

【6】入れ歯の完成
修正した仮の入れ歯をもとに、患者さんに合った入れ歯が完成します。
下へ

【7】入れ歯の調整
できあがった入れ歯を実際に装着し、装着時の状態や着け心地を確認しながら微調整を行います。しばらく装着することによって、初めて改善点が分かることもありますので、慣れるまでは毎日ご使用してください。

調整の流れ
●できあがった当日
歯ぐきなどの粘膜に接する部分と噛み合わせの調整を行います。

●翌日~3日後
始めは軟らかめの物をお召し上がりください。無理をしますと、歯ぐきが損傷し、入れ歯を使い続けることが困難になります。また、歯ぐきに馴染んできますと、入れ歯が沈み気味になりますので、再調整をいたします。

●1週間後~2週間後
入れ歯に慣れてきますと、噛む力と口の周りの筋肉のハリが戻ってきます。この状態で使い続けますと、歯ぐきや粘膜に負担がかかります。損傷や痛みの原因にもなりますので、再調整が必要になります。

●約1ヶ月後
入れ歯にも慣れて食べることや話すことが自然にできるようになってきます。口周りの筋肉が強くなって噛む力が蘇り、口周りのシワも減っていきます。この段階になりますと、調整は終了です。しかし、年齢とともに口内環境が変化します。快適な状態でお使いいただくためにも、数ヶ月に一度の定期健診を受け、あごの骨や粘膜、噛み合わせに合わせたメンテナンスをおすすめしております。


トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 入れ歯 » 入れ歯の製作の流れ


コールバック予約