トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 歯周病治療 » 歯周病の進行具合と治療方法について

歯周病の進行具合と治療方法について

歯周病の進行具合と治療方法軽度歯周病
歯と歯の間や歯と歯肉の境目にプラーク(歯垢)や歯石が溜ると、細菌が繁殖した状態になります。それによって、歯肉が炎症を起こし、腫れや出血が見られます。この段階であれば、ブラッシング指導やクリーニングを1~2回受ければ、比較的短期間に回復できます。

歯周病の進行具合と治療方法中等度歯周病
口臭や出血がひどく、歯石の付着も目立つ状態です。骨の後退が徐々に始まりますと、歯周ポケットも深くなり、歯のグラつきが見られるようになります。

この段階になりますと、歯周ポケットの内側に付着した歯石を取る治療が必要です。痛みを感じるときは麻酔をしてから施術をします。さらに、数回に分けて除石を行い、歯肉の状態を改善させた後、再検査を行います。なお、歯周ポケットの深さが4mm以上になりますと、歯周外科が適応となる場合があります。

歯周病の進行具合と治療方法重度歯周病
歯肉が化膿して真っ赤に腫れあがり、骨の破壊もかなり進んでいます。歯の動きも大きくなり、グラグラしている状態です。重症の場合は歯周外科の対応となります。それでも歯の保存が難しい場合は、残念ながら抜歯となります。


トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 歯周病治療 » 歯周病の進行具合と治療方法について


コールバック予約