トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 歯周病治療 » 【当院の特徴】治療は、歯周病を治してからがスタート

【当院の特徴】治療は、歯周病を治してからがスタート

歯周病むし歯の治療をしている患者さんの中には、歯周病を併発していることがあります。その場合、むし歯だけを治療することもできます。しかし、歯周病を放置したまま治療すれば、さらに進行し、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまいます。

当院では、適切な治療を行うために初診時に必ず歯周病検査を行っております。万一、歯周病菌に感染している場合には、スケーリングを行い、歯石や汚れを取り除き、歯ぐきを引き締めてから人工歯(かぶせ物・詰め物)を入れます。

また、腫れや痛みなどがある緊急性を要する治療では、まずは応急処置だけを行い、その後、歯肉を改善させてからむし歯治療を行います。

最近の研究では、歯周病と全身疾患との密接な関係が指摘されています。歯周病菌が口から血管に入り、全身に広がっていくことで、糖尿病や心臓血管疾患、肺炎、さらには早産を引き起こします。

全身の健康を維持するためにも、歯周病をしっかり治しましょう。


トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 歯周病治療 » 【当院の特徴】治療は、歯周病を治してからがスタート


コールバック予約