トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 歯周病治療 » 【歯周病とは?】自覚症状が現れてからでは手遅れに...

【歯周病とは?】自覚症状が現れてからでは手遅れに...

歯周病

厚生労働省の調査によりますと、日本人の成人の約80%が歯周病に感染しているという報告があります。つまり、5人の内4人は歯周病となる計算です。もはや歯周病は国民病ともいえる病気です。

歯周病の主な原因は細菌です。細菌に感染しますと、歯肉が炎症を起こします。さらに、歯肉の奥深くまで感染が広がりますと、歯根膜や歯槽骨まで溶かしてしまいます。

しかし、歯周病に感染しましても、初期段階ではほとんど症状が現れません。歯肉の腫れや出血などの自覚症状が現れた頃には、既にかなり進行した状態となっています。それに加え、歯周組織まで破壊されていますので、既に手遅れとなるケースがほとんどです。

つまり、歯周病を放置することは、最終的に歯を失ってしまうことと同義だといえます。だからこそ、早期発見・早期治療が重要となります。

「自分は大丈夫」

そう思わずに、定期的な歯の健康診断を受けて、大切な歯を歯周病から守りましょう。


トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 歯周病治療 » 【歯周病とは?】自覚症状が現れてからでは手遅れに...


コールバック予約