トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 小児歯科 » 成長に合わせて予防を中心にした小児治療

成長に合わせて予防を中心にした小児治療

小児治療当院では、むし歯予防に力を入れ、定期健診を重視した小児歯科に取り組んでおります。乳幼児の定期検診では、歯の生え具合や噛み合わせのチェック、歯質を強化するフッ素塗布、正しい歯磨きの仕方を教える歯ブラシ指導を行っております。

予防を中心にした小児歯科は、むし歯や不正咬合の早期発見・早期治療につながり、長い目で見れば丈夫で健康な歯を作ることができます。お子さんの歯をむし歯から守るためにも、定期検診をおすすめしております。

乳歯が生え始めたお子さんには
お子さんの成長は著しく、お口の中の環境も日に日に変化していきます。たとえ小さなむし歯でも、すぐに大きくなってしまいます。大切な歯をむし歯から防ぐためにも、定期検診は欠かせません。

初めて受ける検診のタイミングは、乳歯が生え始めた頃が理想となります。できれば、その後も3ヶ月に1度、お口の中の様子を見ていくことで、むし歯や不正咬合、不正歯列などの早期発見につながります。経過を見ながら、治療しやすい時期に矯正治療に移ることもできます。

「ちょっと早いのでは?」
そう思われるご家族もいらっしゃるかもしれませんが、乳歯が生えたお祝いに、お子さんに初めての定期検診をプレゼントされてみてはいかがでしょうか?


トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 小児歯科 » 成長に合わせて予防を中心にした小児治療


コールバック予約