2010年4月21日 « トップへ » 2012年5月28日

2010年4月26日

歯周病はどうやって治すのでしょうか?

歯周病が進行し溶けてしまった骨は戻すことができません。

歯周病の原因は何よりも歯垢です。歯周病になってしまった際には、根源である歯垢(細菌)をいかに減らしていくかが重要なポイントとなります。細菌を減らすためには、まず、ご自身の毎日のブラッシングによって今以上に細菌を増加させないことが大切です。

とにかく症状を悪化させないようにしましょう。

歯周病はどのように予防するのでしょうか?

歯周病を予防するためには、プラークコントロールが不可欠です。歯の周辺に付着したプラーク(歯垢)を除去し、細菌を減らすことで歯周病の進行を食い止めることができます。

歯の上側の歯垢は、ご自身の毎日のブラッシングによって取り除くことができますが、歯肉の内側深く入り込んだ歯垢は、ご自身で除去できないため、歯科医院にて清掃を行う必要があります。ご自身と歯科医院の相互の取り組みによって、歯周病を予防していきます。

歯周病は何歳位から起こるものですか?

歯周病は成人してからかかるものだと思われていますが、実は歯周炎の前段階ともいえる歯肉炎は幼少期から起こりうるものです。

また、歯周炎は痛みなどの自覚症状がほとんどないため、発見が手遅れになることもしばしばあります。歯周病を予防するためには、毎日の歯磨きと歯科医院での定期検診が重要となります。

歯周炎と歯肉炎は違うものですか?

歯周炎は炎症が歯の周辺の広範囲に及び、歯肉だけでなく歯を支える歯槽骨まで広がります。その症状には個人差があり、大半の歯槽骨を失う程の重いケースもあります。

一方、歯肉炎は炎症が歯肉のみに及んでいる症状で、歯の周辺の歯槽骨は正常です。

歯槽膿漏と歯周病は違うものですか?

同じです。

これまで、歯の周辺の歯肉が腫れ、膿が出るという症状から「歯槽膿漏」という名称が主に使用されていました。その一方、最近は、歯肉だけでなく歯を支える歯槽骨をはじめ、歯の周辺の広範囲に様々な症状が表れるため、「歯周病」という名称が多く用いられるようになりました。

歯周病とは、どんな病気なのですか?

歯周病とは「歯を支える骨が溶ける病気」です。

歯と歯ぐきの境目についた歯垢(プラーク)から歯の根に沿って菌が入り込み、歯を支えている周りの骨をじわじわと溶かしていき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯肉に炎症が起きた状態を歯肉炎、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます。

また、歯周病は「沈黙の病」などと呼ばれるようにほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化してしまうことがよくあります。

発音しにくくなった気がします

お口の中の環境が変化したためです。これは慣れなのですが、慣れる期間については個人差があります。

頬や舌のあたりを噛んでしまいます

歯のない期間が長期に及ぶと、歯のなかったスペースに頬や舌が入り込んできます。そこに新しい歯が入ると、頬や舌の筋肉がその変化に対応できず、舌や頬を噛んでしまうことがあります。

筋肉は徐々に慣れていくため、心配はありませんが、一度噛んでしまうと腫れてふくれるので、また噛んでしまうという悪循環が生じてしまいます。

あごの骨が少なくなってきた気がします

歯槽骨(あごの骨)は、加齢とともにある程度吸収していきます。インプラント周囲骨も例外ではなく、骨はある程度失われていきますが、過重負担や感染、免疫のバランスが崩れると骨吸収はさらに加速します。

インプラント周囲骨が大きく吸収してしまった場合、もしかすると同じ部位へのインプラント再治療は不可能かも知れません。その場合は別の治療法を検討することになります。骨吸収をいかに最小限に抑えることができるか、ということがインプラント治療の今後の課題です。

鼻から頬にかけて、感覚異常があるのですが......

上顎洞炎の可能性があります。上あごの上方には上顎洞という鼻に通じる空洞が存在します。(この上顎洞の役割は今だ解明されていません)

歯やインプラント体の先端は、この上顎洞と接近しているために、細菌感染が起きた場合、この上顎洞にも炎症が波及してしまう可能性があるのです。天然の歯でも見受けられる症状です。

インプラントをして数年後にインプラント体が動揺・脱落してしまった

多くの場合、インプラントの過重負担とインプラント周囲の感染症が原因です。
揺れているインプラント体を、ムリにお口の中に残しておくと、周囲の骨がさらに無くなってしまいます。早期に取り除くべきです。インプラント体を取り除いて骨と粘膜が治るのを待ち、再び新しいインプラントを植立するか別の治療法を選択するかを検討します。

感染に関しては、インプラントも歯と同じように歯周病にかかる事があります。
病気や免疫・体調の変化で、さらに加速する事もありますから、日ごろのプラークコントロールは重要です。また、ちょっとしたかみ合わせの変化が、インプラントをだめにしてしまう事もありますので、定期検診は必ず受けるようにしてください。

噛み心地が少し違うのですが......

天然歯には、歯とあごの骨の間に歯根膜というクッションがありますが、インプラントにはこのクッションがないので、噛んだときの力が骨に直接伝わるためです。周りの歯とのバランスを考えながら噛み合わせの調整をいたします。

歯と歯ぐきの間・歯と歯の間に食べ物が詰まりやすくなった気がします

インプラント体と、元の歯の根の太さが異なることに起因します。歯と歯ぐきとの隙間が天然歯の時と全く同じ状態にならないことが関係しています。

もちろん人工歯を製作するときは詰まりにくいように色々な工夫をして設計するのですが、食べ物が詰まらない形態というのは詰まってしまった汚れを逆にとりにくく、歯ブラシしにくい形態なのです。

歯磨きのしやすい形態も考慮しておりますので、ある程度はブラシでうまく対処していただくことが必要ですが、ちょっとした修正で改善できる事もあります。主治医にご相談ください。

インプラントはどのくらいもちますか?

患者さんのお口の中の衛生管理に大きく関係してきますので、お口の衛生状態が悪いとインプラントの寿命が短くなる場合もあります。

インプラントの歴史は1950年から始まり、実用化されたのは1965年からです。実例として、1965年にインプラントを行った患者が亡くなるまでの41年間問題なく機能しておりました。

つまり、40年間耐えられる実績は証明されております。常に衛生状態を良好に保ち、担当医師や衛生士の指導に従っていただくことが大切です。インプラントの10年生存率は95~97%前後です。

手術後に注意することはありますか?

手術当日は、激しい運動、入浴(長湯しなければシャワー等は問題ありません)、飲酒も避けてください。また、感染を防ぐため、出された薬をきちんと飲んでください。うがい薬は手術翌日から使い、患部を清潔に保ってください。

自分の歯と同じように噛むことはできますか?

自分の歯と同じように考えていいと思います。自分の歯で噛める物はインプラントでも噛めます。

定期的な検診は必要ですか?

インプラントはチタンのためむし歯にはなりませんが、歯周病にはなります。また、歯周病になると非常に進行が早いため、予防するために定期的にクリーニングすることが必要になります。

手術後は歯が抜けたままですか?

ほとんどの場合、仮歯もしくは入れ歯を入れるようにしております。手術によってはすぐ入れられない場合もあります。まずは、お気軽にご相談ください。

薬は飲まなくてもいいですか?

痛みがなくても抗生物質と痛み止めは服用してください。感染予防と炎症を和らげる効果があります。

手術後の歯磨きはしてもいいですか?

縫い合わせている糸が切れたり、傷口が開いたりしますので、手術した部位の歯ブラシは避けてください。他の部位に関しましては、汚れると感染の原因になりますので、歯ブラシで丁寧に磨くことをおすすめいたします。

歯ブラシをするときに注意していただきたいことは、歯磨き粉は使わないでください。また、歯磨きの後の「ぶくぶくうがい」もしないようにしましょう。どうしても、という方は軽くゆすいでツバを吐く程度でお願いします。

手術後のお風呂は大丈夫ですか?

体が温まると血流が盛んになり痛みが出たり、出血の原因になりますので、軽いシャワー程度にしてください。

手術後の食事は大丈夫ですか?

ほとんどの場合、術後3~4時間ぐらいで麻酔が切れます。しびれが切れれば、食事をしても大丈夫です。ただ、できるだけ手術をしていない箇所で食べ物を噛んでください。また、できるだけ柔らかい物を召し上がってください。栄養をとった方が抵抗力がつきますので、治りが早くなります。

手術後の運動は大丈夫ですか?

体が温まると血流が盛んになり痛みが出たり、出血の原因になりますので、運動は避けてください。また、体が疲れると、抵抗力がなくなり治りも悪くなってしまいます。

手術後、腫れたりしませんか?

患者さんによっては外科的刺激が大きくなり少し腫れることもありますが、それ自体は手術に対しての当然の反応ですので、ご安心ください。多くの方は3~4日後に腫れがピークとなり、約1週間ほど経てば完全に収まります。

他人からインプラント治療を受けたことが分かってしまいませんか?

外観からインプラントをしていることに気づかれることは、まずありません。

インプラント治療において重要なことは、前歯の治療です。近年この問題を解決すべく、さまざまなタイプのインプラントやそのパーツが開発されました。

この開発の結果、食事中に外れたり、カタカタ音がしたり、会話中発音障害などもほとんど起こらない程の品質になりました。今では、自分の歯と同じように何でも噛め、食事を楽しむことができます。

インプラントが歯周病になったらどうしますか?

軽度の場合は歯周病の治療を行います。重度の場合は手術が必要となってきます。場合によっては抜くしかできないこともあります。

このような状態になる前に、定期検診に通い、歯周病予防に取り組まれることをおすすめいたします。

将来、体に害はないですか?

害はないと考えていただいても、差し支えありません。

ただし、チタンアレルギーの方は注意が必要です。万が一チタンアレルギーがあった場合、しばらくすると抜けてしまいます。

食べ物で気をつけた方がよいものはありますか?

堅い物を噛むと歯が割れることがあるように、あまり堅い物はやめた方がよいと考えております。普通に食べられる物であれば問題ないと思います。

インプラントが失敗したらどうなりますか?

患者さんが再手術を望めば、もう一度インプラント手術を行います。再手術の費用は保証内で行いますので、ご安心ください。

手術後の入院は必要ですか?

入院は必要ありません。一応手術後は安静にしていただくように説明しておりますが、デスクワークなどの事務処理などの仕事は差し支えないと思います。

治療期間はどのくらいですか?

早い方なら、約2ヶ月程度で正常に噛めるようになっています。ただし、患者さんの食いしばりや歯ぎしりなどにより、多少伸びる場合もございます。

また、歯周病治療直後のインプラント埋入など手術のリスクが高かった場合は、少し様子を見なくてはいけないため、さらに数ヶ月かかります。

手術中はずっと口を開けてなくてはいけませんか?

器具の取り替え時など、患者さんが口を楽にする時間を設けておりますので、どうぞご安心ください。

手術時間はどのくらいかかりますか?

1~3本ぐらいであれば、1時間〜1時間半ぐらいで終わります。また、骨を作るなど複雑な手術になりますと、もう少し時間がかかります。

インプラント治療の成功率は?

成功率は90%の後半です。失敗の原因は色々ありますが歯周病菌などの感染などが考えられます。とはいえ、再手術を行うことができます。

インプラント治療はやはり大変ですか?

以前のインプラントをご存知の方は、「大変な手術をして入れるもの」というイメージをお持ちでいらっしゃるかと思います。しかし、ここ十数年で素材や形態・植える方法が改良され、以前より簡単に処置できるようになりました。

最近では、素材が良く、処置が以前に比べて簡潔になったことから、インプラントの件数も増えてきました。また、長期的にも機能することも分かってきました。

しかし、その一方で、やはりケアの重要性と適応症例の幅が問題となっております。インプラントの条件は、全身疾患がなく喫煙されていない方を対象としております。喫煙は予後が悪く数年しか持たないケースが多く報告されております。

手術は痛いですか?

インプラントの手術は局部麻酔をかけますので、痛みはありません。
当院では、最新の技術を使用して、痛みの少ない治療を行っております。

高血圧ですが、インプラント治療はできますか?

血圧は薬でコントロールされていれば、問題ありません。

しかしながら、服用されている薬や症状など一人ひとりケースが異なりますので、事前に必ずご相談ください。

喫煙者ですが、インプラント治療はできますか?

喫煙者の方は絶対にインプラント治療が受けられないというわけではありません。しかし、喫煙はインプラントだけでなく、歯周病に対しても症状を悪化させる原因の一つです。

喫煙者は、非喫煙者に比べインプラントの成功率が低いことが学会の発表でも証明されております。タバコのニコチンによる血流阻害や血管収縮はインプラント治療に悪影響を及ぼします。

骨の量が少なくても大丈夫ですか?

骨の少ない方は、骨を増やす手術(GBR法、サイナスリフト法、スプリットクレフト法など)を行えば、問題ありません。ただし、これらは外科手術となります。外科的な負担が少ない方がよいという方は、ショートインプラントなど負担が少ない方法をご選択いただいております。

インプラントはどの歯科医師でもできますか?

基本的には、歯科医師免許さえあれば誰でもインプラント治療は可能です。とはいえ、大学病院などの施設でしっかり研修を積んできた歯科医師による治療が安全だと考えております。

中には外科手術の経験が少ない歯科医師もいますので、よく質問し検討してください。

即日インプラント(その日の内に歯が入るインプラント)はできますか?

患者さんの状態によります。具体的には骨の硬さとか、骨の厚みなどにより違いますが、状態がいい場合、その日の内にインプラントを埋入し、仮歯を入れることができます。まずは、一度、ご相談ください。

インプラントに上にかぶせる「かぶせもの」が壊れることはありますか?

かぶせ物は金属であれば壊れませんが、セラミックなどの素材では壊れたり、欠けたりすることがあります。とはいえ、保証期間がありますので、保証期間内でしたら、保証内容にて再治療いたしますので、ご安心ください。

インプラントができない人はいますか?

18歳未満、心臓病、重度の糖尿病、重度の骨粗しょう症など健康状態が著しく悪い方は適しておりません。心配な方はご相談ください。

金属アレルギーは大丈夫ですか?

インプラントはチタンでできています。

チタンは金属の中でもかなりアレルギーは少ない金属です。しかし、もしチタンアレルギーの方にインプラントを入れると、インプラントが抜けてきます。チタンアレルギーの疑いがある場合はパッチテストなどで調べる必要があります。

糖尿病ですが、インプラント治療はできますか?

糖尿病は一般的には、インプラント治療はできません。しかし、医師の管理の下で、コントロールされている軽度の糖尿病の方は治療を受けることができます。

ただし、患者さんによって症状が違いますので、ご相談の上最適な治療法をご提案いたします。

噛み合わせが悪くても大丈夫ですか?

噛み合わせなどを含めて総合的に診断を行い、治療計画を立てますので、問題はほとんどありません。


2010年4月21日 « トップへ » 2012年5月28日


コールバック予約