トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 院長の技術力

かぶせ物・さし歯・入れ歯のエキスパート【補綴指導医・専門医】

補綴専門医

「むし歯の治療をしたら噛み合わせが悪くなってしまった。」「入れ歯が痛くて合わない。」
このように噛み合わせが悪くてお困りになられている方はいらっしゃいませんか?

当院の院長は、人工歯やさし歯、入れ歯などの補綴治療を得意とする補綴指導医・専門医です。患者さんのお口に合った補綴物をお作りし、噛み合わせ機能の維持・回復・向上に努めております。

「補綴(ほてつ)」とは、失われた歯を人工歯(詰め物やかぶせ物、さし歯、入れ歯など)で修復する治療のことです。治療は、1ミクロ単位と細かく、神経を研ぎ澄まさなければできません。それゆえ、補綴物の精度を高めるには、高度な技術と専門的な知識が要求されます。

こうした中、日本補綴歯科学会では補綴専門医制度を設け、補綴物に精通する歯科医師の育成に努めています。

その選考基準は厳しく、基礎医学や学会および論文での発表などのさまざまな条件を満たした者だけにしか補綴専門医の資格は与えられません。院長はこの資格を持つ、数少ない補綴専門医の一人です。専門知識と高度な技術を駆使し、安定性の高い補綴物に仕上げますので、必ずやご満足いただけるかと思います。

お口の中のお悩みがございましたら、どんなことでも結構ですので、当院にお気軽にご相談ください。

厳格な審査のため全国でも数少ない補綴指導医、専門医

補綴専門医現在、歯科医師の数は全国で約10万人います。その内、補綴専門医の資格を有する者は、約1,000名程度、指導医になると約640名程度しかおりません。

国内には数多くの学会が存在し、参加するだけで資格が取得できる団体もあります。しかし、これでは歯科医師の技術向上につながりません。こうした現状を踏まえ、日本補綴歯科学会では厳格な基準を設け、経験と実力のある歯科医師だけを専門医として認定する認定医制度を制定しました。

特に指導医は、学会が認める最高の資格であり、専門医を指導する責任ある立場です。つまり、補綴専門医である院長は被せ物・詰め物・入れ歯のエキスパートであるといえます。

関連ページリンク

■当院が選ばれる6つの特徴
院長の技術力補綴歯科治療って?カウンセリングについて
一般歯科(むし歯治療)審美歯科治療失った歯の治療
インプラント治療入れ歯歯周病治療
小児歯科予防歯科(クリーニング)料金表医療費控除について

■院長あいさつ・経歴
院内ツアースタッフ紹介 アクセス・診療時間プライバシーポリシー

【お問い合わせ】まずは、お気軽にご相談ください

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 院長の技術力


コールバック予約