トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 一般歯科(むし歯治療)

できるだけ歯を削らず、歯を残すように

できるだけ歯を削らず、歯を残すように

一昔前の歯医者さんでは、むし歯を削って治す治療が一般的でした。また、ひどいむし歯になりますと、抜歯をして入れ歯やブリッジを入れていましたが、それは噛み合わせが狂ったり、歯を痛めたりする原因にもなっていました。最近では、できるだけ歯を削らない・抜かない治療が主流になりつつあります。

当院では、患者さんの健康を考慮した、できるだけ歯を削らない・抜かない治療を心がけております。激しい痛みがあり、患者さんが抜歯をご要望なさっても、炎症を起こしているだけのときは、抜歯をせずにレーザー治療で炎症を抑えます。

しかし、全ての治療に適用できるわけではありません。場合によっては大きく削ったり、歯を抜いたりすることもあります。そのようなときは、歯を削るメリット・デメリットをきちんとご説明し、患者さんのご要望をできるだけ尊重しながら治療を進めていきます。

早期発見・早期治療を行えば、大切な歯を守ることができます。少しでも異変にお気づきになられましたら、お早めに受診なさることをおすすめいたします。

できるだけ痛くない治療で患者さんの負担を軽くする

できるだけ痛くない治療治療中に患者さんが緊張する場面があります。それは、麻酔注射を打つときです。本来、治療中の痛みを和らげるために行うものですが、麻酔注射自体に苦手意識をお持ちの方も少なくありません。麻酔注射をする前に表面麻酔を使い、できるだけ苦痛を与えないようしていますが、それでもなお苦手意識はなくならないようです。

院長自身も痛みが苦手ですので、麻酔をするときはできるだけ痛みを与えない工夫をしております。患者さんからは「え、注射したんですか?」と驚かれることもしばしばあります。お子さんでも痛がったり、怖がったり、泣いたりすることはありません。痛みに敏感な方でも、ご安心して治療を受けていただけます。

むし歯の進行とその治療方法

むし歯の進行とその治療方法CO(Caries Observation シーオー:初期むし歯)
歯表面が溶け始めている初期段階ですが、まだ黒くなったり、穴が開いたりしていません。この状態であれば、歯を削らずに治せます。フッ素入りの歯磨き粉で歯磨きをきちんと行えば、溶けてしまった表面を再石灰化させることができます。

むし歯の進行とその治療方法C1(エナメル質う触)
歯の表面を覆っているエナメル質が溶けて小さな穴が開いた状態です。この段階では、まだ痛みを感じませんが、むし歯の進行が早くなり、むし歯治療が必要になります。治療では、保険適用内の白い詰め物をして完了させます。定期検診による早期発見と、異変にお気づきになりましたら、すぐに受診なさることをおすすめいたします。

むし歯の進行とその治療方法C2(象牙質う触)
エナメル質が溶けきり、さらに下層の象牙質までむし歯が進んでいる状態です。象牙質がむき出しになるため、冷たい物や甘い物がしみることがあります。治療でも麻酔が必要になります。むし歯が小さな場合は、保険適用内の白い詰め物をします。一方、表面的には小さくても内部で大きく広がっている場合は、むし歯を取り除いて型取りをして詰め物を入れます。詰め物の種類は保険適用内の金属(金銀パラジウム合金など)になります。

むし歯の進行とその治療方法C3(神経まで達したう触)
むし歯が神経に達している状態であり、激しい痛みが伴います。神経が壊死しますと、細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。この段階になりますと、麻酔をして神経を取り除き、根の中をキレイにする根管治療を行ないます。

根管治療を途中でやめてしまいますと、症状が悪化してしまいますので、最後まできちんと治療を受けるようにしましょう。根管治療の後は詰め物をして完了します。

むし歯の進行とその治療方法C4(残根状態)
歯が崩壊してほとんど残っておらず、根だけが残っている状態です。治療可能な歯質が残っていましたら、根管治療を行ってからかぶせ物をします。症状によっては、抜歯が必要になることもあります。

 

親知らずの抜歯・あごの関節の痛みなど【口腔外科】

口腔外科口腔外科とは、お口の中で外科手術が伴う治療です。一般的には、親知らずの抜歯やあごの関節の痛み、口の中の出来物や口腔内の怪我・傷などがあります。

外科的処置という言葉を聞きますと、必要以上に怖がる患者さんも多くいらっしゃるかと思います。手術が伴う治療ですから、不安に思うのは当然のことです。

当院では、医師による詳しいご説明を行い、患者さんからご理解・ご納得をいただいた上で治療を行います。患者さんにとって一番よい治療を一緒に進めていきたいと考えております。ご不明な点やご質問などがございましたら、どんな小さなことでもお気軽にお話ください。

関連ページリンク

■当院が選ばれる6つの特徴
院長の技術力補綴歯科治療って?カウンセリングについて
一般歯科(むし歯治療)審美歯科治療失った歯の治療
インプラント治療入れ歯歯周病治療
小児歯科予防歯科(クリーニング)料金表医療費控除について

■院長あいさつ・経歴
院内ツアースタッフ紹介 アクセス・診療時間プライバシーポリシー

【お問い合わせ】まずは、お気軽にご相談ください

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 一般歯科(むし歯治療)


コールバック予約