トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 失った歯の治療

歯を失ったままにしておくと大変!

歯を失ったままにしておくと大変!

「せっかく入れ歯を作ったけど、装着感が悪いから使いたくない。」
「むし歯で抜歯した後、治療せずに放置している。」

このような方はいらっしゃいませんか?

歯を失った後、そのままにしておきますと、むし歯や歯周病になりやすく、残っている歯にも負担を与えます。それだけでなく、お顔立ちやからだにも悪影響を及ぼしてしまいます。

【1】残っている歯が動く
歯を失いますと、もともと生えていた場所に隙間ができます。そうなりますと、支えを失った左右の歯は、隙間を埋めようと移動を始めます。その結果、歯並びが悪くなり、むし歯や歯周病にかかりやすくなります。

【2】残っている歯に負担がかかる
健康な状態であれば、上下の歯を噛み合わせますと、全体の歯に力が加わります。しかし、歯を失いますと、このバランスが崩れてしまいます。残っている歯により大きな力が加わるため、歯の寿命を縮めることにもなりかねません。

【3】消化器系統に負担がかかる
噛み合わせが悪くなり、食事にも影響が現れます。スルメやお煎餅などの硬い食べ物やお餅やタコなどの粘着性のある食べ物が噛みにくくなります。食べられる物が制限されることによって、栄養バランスが崩れてしまいます。また、よく噛まずに飲み込むため、消化器官に負担がかかります。

【4】顔立ちに影響を与える
前歯を失いますと、唇のハリが失われ、口元のシワが目立ちやすくなります。また、奥歯を失いますと、口元から下が短くなり、年齢よりも老けた印象になります。

失った歯を回復する治療は3つ

むし歯や歯周病などで歯を失ったとき、歯の機能を回復する治療には「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」があります。

インプラントインプラント
インプラントとは、あごの骨の中にチタン製の人工歯根を埋入し、その上から人工歯を被せる治療です。ブリッジのように両隣の歯を削る必要がなく、他の歯に負担がかからず、審美性・機能性に優れた、第三の歯ともいわれている治療方法です。

インプラントの最大のメリットは、"残っている歯に負担をかけないこと"です。入れ歯では不可能だとされていた硬い物や粘着性のある食べ物でも、安心して食べることができます。また、天然歯と見分けがつかないほどの自然で美しい仕上りなため、大きな口をあけて話したり笑ったりしても、人目を気にすることがありません。

入れ歯入れ歯
歯を失ったときの最もポピュラーな治療方法です。ブリッジのように健康な歯を削る必要がなく、比較的短期間に治療が終わります。しかし、両隣の歯に金具で固定させるため、若干不安定です。そのため、咀嚼力が弱まり、硬い物も噛みにくくなります。

また、「歯肉と入れ歯の隙間に食べ物が挟まって痛い。」「外れやすい。」「食べるときに動く。」など、装着時の違和感があり、審美性にも劣るといったデメリットがあります。

最近では、従来の入れ歯に改良を加え、装着感や機能性・審美性を追求した快適な入れ歯も数多く登場しています。

ブリッジブリッジ
失われた歯の両隣にある健康な歯を削り、橋をかけるようにかぶせ物を装着する治療方法です。

入れ歯と違い、人工歯を両隣の歯にしっかり固定しますので、食事をするときに感じる違和感や痛みがありません。しかし、両隣の歯を削るため、健康な歯を痛める原因にもつながります。さらに、支えとなる2本の歯に3本分の力が加わるため、その分負担が増し、歯の寿命を縮めてしまうこともあります。

関連ページリンク

■当院が選ばれる6つの特徴
院長の技術力補綴歯科治療って?カウンセリングについて
一般歯科(むし歯治療)審美歯科治療失った歯の治療
インプラント治療入れ歯歯周病治療
小児歯科予防歯科(クリーニング)料金表医療費控除について

■院長あいさつ・経歴
院内ツアースタッフ紹介 アクセス・診療時間プライバシーポリシー

【お問い合わせ】まずは、お気軽にご相談ください

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 失った歯の治療


コールバック予約